2016年4月27日水曜日

鳥羽市での中華は「敦敦(とんとん)」とかどうだろう

鳥羽市 中華 「敦敦(とんとん)」

三重県鳥羽市在住なので、鳥羽市のオススメスポットを紹介したい。とは言っても、「The地元店」というような、観光客さんがあんまり訪れないスポットです。

鳥羽市で「あー、中華食べたいなー」って時は、鳥羽市2丁目にある「敦敦(とんとん)」を利用させてもらっている。祖母の友達が夫婦でやっている中華料理店だ。かなり歴史が有る店。ガチめにオススメしたい中華料理店だ。

鳥羽市の中華「敦敦(とんとん)」

鳥羽市市役所近くに有る「知る人ぞ知る」という感じのお店で、一見すると「え?やってるの?」と思えるような風貌。ただ、店の周りには美味そうな香りが漂っている。どこからこの香りがするか、それが「敦敦(とんとん)」なのだ。お店には、地元の人が結構来る。市役所の人とか、近場の仕事場の、そういう人たち。観光客はまず見たことない。

カウンターとテーブル

店にはカウンターとテーブルと座敷席が有る。そんなにたくさんの人が入れるというわけではない。カウンターの上にはメニューが書かれている。このメニューの半分は食ったことが有る。どれもオススメだから困る。

赤い

店内は、なんか「赤いな」というかんじ。中華ってそんな色のイメージ。そのままそれが、この店のカラーなんだろう。イスや机のデザインがばらばらで、「The地元店」な雰囲気。それが「敦敦(とんとん)」だ。

ラーメンとかチャーハンとか

とんとんのラーメン

「敦敦(とんとん)」初心者にまず食べて欲しいのは「ラーメン」かな。まぁ、基本メニューということで、これで「この店の力がわかる」って思っている。このラーメンが気に入ったら絶対に他のメニューも気に入るはずだ。

チャーシューにもやし、そしてネギというめっちゃシンプル。めっちゃシンプルなんだけど、ソレが美味い。いいのだ。スープは濃いめだ。

チャーハン

そして、チャーハン。なんだろう。何でこんなに美味いんだろうか。まるで魅惑のクスリが入っているかのように、また食べたくなる不思議なチャーハン。一度食べてしまったら、「敦敦(とんとん)」のチャーハンを欲しがってしまう身体になっちゃうかも。注意が必要なチャーハンだ。

ラーメンの次に食べて欲しい。なんなら一所に頼んじゃっても良いと思う。

たまらん

写真を見ているだけでよだれが出てくる。まじでそういうレベルのチャーハンなのだ。

絶対にオススメなチャンポン

チャンポン麺

「敦敦(とんとん)」なれてからで良い。なれてからで良いから、「チャンポン」を食べて欲しい。ボクは「チャンポン」という食べ物を初めて食べたのが「敦敦(とんとん)」だ。

写真を見てわかる通り、世間一般の「チャンポン」とは見た目が違う。だから世間一般の「チャンポン」を見たとき「これなに?」と思った。僕が食べたいのは「敦敦(とんとん)」のチャンポンなのに、他店で注文したときチャンポンは全く違う別物が出てきたのだ。

だから他店では、もうチャンポンを頼まないのだ。

んで、まー、コレが美味いのよ。凄い濃い目のスープで、「モヤシ」「キャベツ」とシャキシャキ感が来て、「豚肉」「エビ」「イカ」などが攻めてラーメン。ガチで美味い。

チャンポン

先に「メニュー表の半分は食った」ってのは、こいつのせいで止まっている。「敦敦(とんとん)」に来てしまったら、「あー、やっぱチャンポンにするか」とメニューを見ていてもチャンポンに止まってしまう。それぐらい好きだ。うまいのだ。まじだ。

だから、ラーメンとチャーハン、それらを食ってみて「合うな」と思ったらチャンポンもチャレンジしてみて欲しい。世間一般のものとは別物のチャンポンなのだ。

「敦敦(とんとん)」はココ!

店名:敦敦(とんとん)
住所:三重県鳥羽市鳥羽2丁目3−1
TEL:0599-25-2340
定休日:不明
駐車場:2台

このあたりは一方通行とか有るからそういったものは注意したほうが良い。駐車場あるけど、地元の人はだいたい路駐だな。そんな感じ。



鳥羽市中華「とんとん」さんに「記事を書いたよ」と伝えに行った[関連]